自分の髪で作るウィッグ

お好みにカット&スタイリング

自分の髪で作るヘアピース・ウィッグ

ナチュラル(株)の自毛で作るウィッグヘアピースは、お客様のご意見から生まれた製品で、歴史も古く創業2年目からずっと受注している、人気のサービスです。受注数は日本一です。作成はとても面倒なので、他のメーカーさんではほとんどないサービスです。

ウィッグとしては、世界一自分にあうウィッグができます。何しろ自分の髪が乗るんですから・・・作成して、今すぐ使わなくても、乾燥した木箱などに入れて冷暗所に保管すれば、10年後20年後も髪の毛の劣化はほとんど起こりませんので、本当に薄毛になった時に使えます。もしくは、毛質の似た親子で、娘さんの髪でお母さまのウィッグを作ることもよくあります。

自毛で作るヘアピースの価格 65,000円~88,000円(税込)

自毛で作るオーダーウィッグの価格 198,000円(税込)

販売価格はベース大きさによって金額は違います。詳しい製品の説明は、ナチュラル(株)の公式サイトでご覧ください。ここに例として載せた製品はごく一部の製品になります。

公式サイトの自毛で作る製品の詳細情報を見に行く。

数年かかって伸ばした大切な長い髪をバッサリカットするときになんだかもったいないなあ。

美容室で床に散らばって、箒で寄せられて、そのままゴミ箱に捨てられる髪に心残りないですか?髪が痛まないように気を使って毎日お手入れしてきたのに・・・

そんな時にあなたの髪でかつらを作ることができます。

カット後の髪が20㎝以上で、ゴムで根元と毛先がそろえてあればOK。作れます。量が不足するときは、工場の似た髪を足すことも可能です。

しかもオーダーメイドで自分にピッタリのウィッグを。価格は普通のオーダーメイドウィッグと同じ価格で作成します。

カット1回分だと・・・手のひらをすぼめたくらいの大きさ(ベースネットの大きさ)くらいから手のひらをパーの大きさに広げたくらいの大きさまで作れます。

毛量が足りない場合、ベースの大きいウィッグの時は、工場の似た髪質の髪を足して作れます。追加金は不要です。安心価格です。

カット2~3回分だと・・・全体を覆うフルウィッグを作成できます。なので、お客様の中には、貯金でなくて貯髪をしている方がいっぱいいます。2年から3年おきにカットをして2~3回分。気の長い話ですが、実は頑張っている貯髪ラーが、いっぱいいます。それで、髪がたまったら「これでフルウィッグ作ってください!」とお電話がかかってきます。

 

今回は、実例を数例お見せします。カットした髪と完成品のウィッグの写真です。ご覧ください。

ここに例として載せた製品はごく一部の製品になります。

公式サイトの自毛で作る製品の詳細情報を見に行く。

自分の髪で作ったオーダーメイドウィッグ実例1

40歳くらいの女性のお客様。髪を30センチくらいの毛束をサロンで1回カットしていただきました。silkyoneのオーダーメイド部分ウィッグを作成しました。毛量としては少な目ですが、自毛が健康な黒髪だったためと、「シルキーワン仕様でシルクネットに1本植え」で作成しました。ふんわりきれいなウィッグができました。

お客様の60代のお母さまが、髪の毛が少し寂しい感じになってきたのを見て、きっと将来私も同じようになるかもと思って、ご自分用に作成されました。完成品は乾燥材を入れた桐箱の中に入れて保管していただくとの事。20年くらいたっても、きれいなまま使えると思います。その時はきれいな若い髪が乗るので、きっと若々しい雰囲気になることでしょう。

自分の髪で作ったオーダーメイドウィッグ実例2

38歳の女性。6年もかけて伸ばして70センチのロングな髪をご用意いただきました。ずっと前から弊社のホームページを見てくださって、ロングウィッグを自分の髪で作ってみたいと思っていたそうです。

今回は、フルウィッグ(全かつら)です。自毛はカットしてベリーショートになったのでウィッグが完成したら、たまにはこれを被ってロングヘアを楽しみたいそうです。70センチの髪ですが、折り返ししたら45㎝の完成品になっています。写真はカット前のウィッグです。これをお客様のお好みのヘアスタイルに仕上げて完成です。

1回分のカットでは自毛の髪の毛の量が足りませんでした。それで、工場の髪で同じように70㎝のロングの髪を足して作りました。

ナチュラル(株)では、40㎝までの髪を足すのは追加料金はいただきませんが、40㎝以上のかつらを作る時の髪は追加料金かかります。なんせ70㎝の髪なんてそんな原毛本当に少ないのです。ロングになると原毛の価格が驚くほどの金額になってしまいます。

ですので、ここの事情はご了解ください。できるだけお客様の髪の毛に似た髪を混ぜておつくりします。

自分の髪で作ったオーダーメイドウィッグ実例3

50代女性。ヘアカラーをしている髪で30㎝くらいの髪束をサロンでカットして送っていただきました。カット1回分です。こちらもフルウィッグ(全かつら)を作成しました。今から抗がん剤を始めるので、医療用ウィッグ仕様で作って欲しい。との事でした。

自毛に特徴があり、毛先と根元でカラー剤の退色に違いが出てかなり明るいオレンジ色からゴールドに近い色までが混じっていました。1回分のカットでは全かつらは作れませんから、工場の髪を足して作ることにしました。

お客様のご要望は、「工場の髪は、自分の髪のできるだけダークな色の髪を足して欲しい。工場の足す髪を表面に使って、自分の痛んでいるオレンジの髪は内側のあまり目立たない場所に使って欲しい。」というご要望通りにできました。

完成したウィッグの髪をめくるとしたから明るいオレンジが顔を出しますが、これもまた、後日綺麗に染める予定だそうです。

自分の髪で作る ウィッグ・ヘアピース製作の流れ

 

製品の価格表はこちらから 来店予約はこちらから ご注文の流れはこちらから

 

 

タイトルとURLをコピーしました