お知らせ内容

買い替え時はいつ?

ウィッグを使用していると、やはりどうしてもかつら自体に寿命がきてしまいます。

修理して使用できますが、どうしてもある程度経つと、買い替えが必要になってくる日がやってきます。



それではどいういったときに買い替えが必要となるのでしょうか?


1つは勿論、修理の限界が来たとき。これは、お客様のご利用状況や使用条件下で変わってきますので、何年間使ったらもう使えなくなる、ということは言えません。

お客様によって変わってきますので、どうだろう?と思ったときはスタイリストにご相談下さい。



2つ目は、部分かつらやヘアピースをご利用の場合、自毛の部分が少なくなってきたり脱毛の部分が広がって、ウィッグと自毛の境目部分に差が出てきてしまったときです。

ウィッグの部分は毛量ふさふさ、でも自毛の部分にいくに従って、次第に薄くなってしまう。。。

これでは折角ウィッグを使用しているのに、勿体ないです。

特に後ろ部分は自分では見えにくいので、意識してご自身で確認やご家族の方に時々チェックしてもらうといいと思います。


ご自身で判断がつかない場合は、ご相談下さい。




サロンからのお知らせ
かつら 大阪携帯サイト携帯でも情報が見れます!
かつら・ウィッグ総合サイト 医療用かつらサイト

かつら・ウィッグの大阪サロン| 男性用かつら・女性用ウィッグ・医療用かつら・子供用ウイッグのオーダーメイド専門店